2016.11.25【東京〜大阪】ヒッチハイクを初めてやって思ったこと・学んだこと

161119_2

こんにちは!最近、世間がクリスマスに染まってきてそれを見るたびに心が痛むライターのヤマソウです!!

タイトルの通り、行ってきましたヒッチハイク。一言で正直に感想を言うなら、心身ともに疲れました(笑)。会う人会う人にいきなり「大阪まで乗せて行ってもらえませんか?」とかわけのわからないことを言っては断られ、メンブレ(メンタルブレイク=心が折れること)の連続。秋の夜空の下で一晩中こんな交渉を続けるもんだから体力的にもボロボロ。ただ、「乗せてくれる」と言う言葉を聞いたときは、辛さの何倍もの喜びがあります。そんな経験を通して、僕がヒッチハイクに対して思ったこと・学んだことを書いていきたいと思います。

22時30分 ヒッチハイクスタート @用賀インター


image1-1

この時点で色々ツッコムところはあると思うんですが、まあ聞いてください。東京〜大阪まで約500km。車に乗っていけばだいたい6時間半ってとこ。この長い距離を乗り切るためには、運送トラックを含めた夜間に走行する車に乗った方が距離を稼げると思ったわけです。高速道路は深夜割引というものがあって、それで夜の方が長距離移動をする人が多いんですね。

という理由から22時30分、ヒッチハイクSTART!インター入口前の十字路にてホワイトボードを掲げて通りゆく車にアピール。5分くらいであることに気づきました。「車の交通量が昼間に比べて少ない…。」予想はしていたのですが、思ったより車の数が少ないという印象でした。スタートしていきなり絶望感MAXだったんですが、さらに10分後「横浜の港北サービスエリアまでなら」という方と遭遇!!

学んだこと

・長距離の移動を狙うなら深夜という選択肢もあり

・ホワイトボードに一工夫があれば掴みはOK?

22時45分 一人目の方:会社員(男性)用賀IC→港北SA


開始15分で運よく港北まで乗せてくれる方に出会うことが!乗せてくれた方は会社員の男性の方、東京からの帰宅途中だったとのこと。乗せていただいた時間は30分ほど。移動中は自己紹介に始まり、相手の方の仕事の話・家族の話・地元の話などを聞かせていただきました。本当にごく当たり前のことなんですが、移動中は徹底的に聞き役になるということを意識しました。乗せてもらう側が自分の話ばかりをしてもあれなので(笑)。そうこうしてる間に港北に到着。降ろしてもらう際、コーヒーを奢らせてもらうはずが、「学生なんだから気を使わなくていいよ」ということで逆に1000円をいただきました。…お言葉に甘えて丁重にお礼を言って頂戴しました(笑)。

学んだこと

・車中では聞き役に徹する。会話が途切れて気まずくなることもないので、本当におすすめです!

23時15分  サービスエリア巡回 港北SA


shutterstock_211988428

港北SAにて再びヒッチハイク。ここでの目的地は次の海老名SA。大きめのSAに行って数を当たろうという作戦でした。用賀ICの時とは違い、車から降りている方・停車して休憩している方との直接交渉。ホワイトボードを掲げてひたすらサービスエリア内を巡回しました。ホワイトボードの「コーヒー代出させてください」の文字をひたすら指差しお願いすること20分、二人の目の乗せてくれる心優しい方がっ!

23時15分 二人目の方:会社員(女性)港北SA→岡崎SA


運んでくださった二人目の方は練馬区在住の女性の方。東京から名古屋に用事があるとのことで、愛知の岡崎SA(愛知県岡崎市)まで乗せていただきました。移動中はまた相手の方のことを聞かせていただきました。東京にずっと住んでおられるということで、上京してきた自分の知らない東京のことを色々教えていただきました。下北にはバナナラテを出しているスタバがあるとか、表参道の行列のできるお店の多くは夕方〜閉店時間が空いてて狙い目だとか。休憩を挟んでの5時間はあっという間でした。

4時15分 愛知で路頭に迷う 岡崎SA


shutterstock_355296560

思えばここが一番の難所でした。「すみません、どちらに行かれるんですか?…ありがとうございました!」の連続。ほぼ満帆にうまっていた駐車場の9/10くらいのドライバーの方に立て続けに断られてメンタルボロボロ。今まで割と早くヒッチハイクを受け入れてくれる方が見つかっていた分、「まずい」って気持ちが大きくなっていきました。残りは大型トラックに乗っている方に声をかけていくしかないってことで、1台、2台、3台、ついに4台目で「大阪の寝屋川(大阪府寝屋川市:大阪の北のほう)までなら」という方に出会いました。交渉を始めて40分くらい!

学んだこと

・高速道路の料金の関係で4:00〜5:00は成功率が格段に下がる(事後的に知った)

・ヒッチハイクには断られ続けても笑顔を絶やさないメンタルが必須。

4時55分 3人目の方:運送業(男性)岡崎SA→大阪


image2-1

スタートから5時間半、ついにゴールまで運んでくれる方に出会えました。感動モンでした。外寒かった…。また、大型トラックに乗るという体験も初めてのことで早朝からテンションが↑。例によって相手の方の話を聞かせていただきました。出身地のこと(栃木の方でめっちゃU字工事みたいな話し方でした)、仕事のことなど。運送業という仕事のことを聞いているうちに、普段当たり前に目にしている小売店のモノは全てこの人たちが運んでくれてるんだなあ、と改めて思いました。「トラックの運転手という仕事があること、自分たちが日本にあるモノを運んでいるということを少しでも知ってほしい。」なんかジーンときました。そうして話をしているうちにゴールの大阪に。本当にありがとうございました!

学んだこと

・トラックの運転手はモノを回す日本の血液

・一般道路を通る運送業者の方を「地走り」というらしい

ヒッチハイクを振り返って


今回の体験を振り返って。思うことはたくさんあるのですが、一番心に残ったことは「いろんな人がいて、そのいろんな人に助けられて生活している」ということです。なんかクサいですが(笑)。今回のヒッチハイクそのものが、いろんな人に出会って、断られて、でも助けてくれる方もいて、みたいな。他者の助けがないと何もできないヒッチハイクをして、支えてくれてる人の存在と感謝を再認識しました。まだまだ書き足りないんですが、協力していただいた方々本当にありがとうございました!僕の記事が目に届くよう頑張ります(笑)

この記事を書いた人

ヤマソウ

TRUNKインターン生。ライター業務。 中央大学2年の山崎壮一郎です。 自分はどんな部署が向いているのか、自分はなぜこんなにも焼けやすいのか、 その答えを求めてTRUNKで活動しています。