2016.04.02クリア不可能!?歌舞伎町の『in SPY re-インスパイヤ-』で、スパイを体験してきた

こんにちは!東京学芸大学のアイリです。
皆さん就活は進んでいますか?セミナーに説明会と大変だと思いますが、たまには息抜きも必要ですよね!
就活帰りにふらっと気軽にスパイ体験できるアトラクションカフェを発見しました!
スーツで行くことによってスパイっぽさ倍増ですよ。笑

ということで、今回は新宿・歌舞伎町に2016年 3月4日にオープンしたばかりの気軽にスパイ体験が出来るミッション遂行型アトラクションカフェの『in SPY re - インスパイヤ-』をご紹介します!

▽アクセス




  • 住所:パビリオン新宿歌舞伎町6F 東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 6F

  • 最寄り駅:新宿駅 東口 徒歩7分、西武新宿駅 徒歩5分

  • 営業時間:AM11:00〜AM5:00

  • 料金:1名980円(税込)


※初回はIDカード発行料金として別途100円(税込)

公式HP:http://inspyre.jp/ja/index.html
公式アプリ:ダウンロード【App store】
ダウンロード【Google Play】

私は今回、新宿駅から向かいましたが

image

TOHOシネマズと有名なゴジラを見つけ次第、左方向に進むと

インスパイア 場所

写真の看板の建物(HUMAX)があります。すぐわかりますよ!このHUMAXの6階にあります。割と駅近です!

▽潜入(入店)


エレベーターのドアが開くと
インスパイア 受付

直ぐに『in SPY er』のフロントが。
整理番号を貰いアジト内(店内)で待機。
春休みということもあって、店内には学生さんが沢山いました。

インスパイア 店内 アジト
アジトはとてもスパイっぽいです。
今回の場合は私の中の“スパイ像”がスパイっぽさの正解になるのですが、とにかくスパイっぽいです。

image

なんて入力されてるか分からないけど、それっぽいスクリーンとかあります。
スパイっぽいですね。

image

ロッカーも沢山設置されているので、荷物の心配は全くいりませんよ。
しかし、動きやすい格好で参加することをおすすめします。潜入時にアジト内で結構動き回ります!

店内では軽食やドリンクが注文できるのですが、ちょっとやばそうなメニューを発見。

インスパイヤのカフェメニュー いも虫のカレー、パスタ

これはちょっと危険な香りが…。(笑)

▽ミッション開始


整理券の番号が呼ばれたので、初回のIDカードと参加費を支払い腕章や専用の機器を借ります。
支払いの際に、

お客様、今回の潜入は初めてでしょうか?

と聞かれたので、

初めてです

と、噛みしめて答えました。(笑)

こんなスタッフさん達のスパイ設定の徹底ぶりも楽しみの1つですよね!笑

インスパイア 潜入開始

モニターで簡単な説明を受けて、ミッション開始!

▽勝負は10分!!


与えられたミッションをクリアする為の制限時間はたったの10分!

内部は撮影禁止なので、中の様子はお伝えすることが出来ないのですが、ミッションの種類は4つあるようです。
ランダムに振り分けられるのでどれが当たるかは潜入してからではないと分かりません!

インスパイヤで貸し出される端末機器

入口で渡された機器と、自分たちの頭脳を頼りにミッション達成に向けて頑張りましょう!

▽チャレンジ結果は…


1回10分間と予想より短かったこともあり2回潜入したのですが...。
結果は0勝2敗と惨敗に終わってしまいました…。笑

アピールしておきたいのですが、
鬼のように難しかったです。本当

5グループ程、一緒に入ったのですが、ミッション成功者0...
もはや大人げないレベルです(笑)

▽『in SPY er』の3つの攻略法


いや、攻略できなかったのですが...。
今回の経験から次のチャレンジに活かせるポイントを分析してみました。

  • 事前に公式HPで設定のチェック


今回私は全く下調べをせずに潜入を試みたのですが、状況を飲み込むまでに時間がかかりました。ですので、ある程度の下調べをしてから行った方が、敗北感を味合わずに済みそうです。笑

  • 自分たちの作業に集中!!


何グループか一緒に潜入するのですが、チームごとにミッション内容は異なっています。
ミッションの種類は4つあるようなので、大人数で入った場合被ることもあるかとは思いますが、他のチームの作業を見て動くというよりは、自分たちのミッションに集中した方が作業がはかどりました。

  • 先輩エージェントをうまく利用する


潜入先のアジト内には、エージェントスタッフが何人もいます。このエージェントスタッフに質問をしてみると“有益な情報”が手に入ります!もし、行き詰った際には頼りにしてみてはいかがでしょうか?
今回は、なかなか確信に迫るような“重要なヒント”を、教えてくれる優しいエージェントスタッフもいました。(笑)

▽まとめ


クリアできなくてとっても悔しい。

10分という短時間で、なおかつ謎解き要素豊富なミッション。
本当に難しいのですが、どこか癖になる。ついつい「もう一回!」と、チャレンジしたくなるアトラクションカフェでした!

混んでいなければ、短時間で参加できますので
新しい大学の友達や、説明会などで新宿に立ち寄った際にはチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

津吹 アイリ

東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。