2016.10.11MacとWindowsどちらが学生向きか比較してみた

img_0251-300x188

こんにちは!ライターのアイリです。
最近、学期末のレポートの嵐や、不眠不休の教育実習を共に戦い抜いた私のPC(VAIO)がお亡くなりになりました。ひたすらに液晶画面が真っ暗です。

なので、ここにきて新しいPCの購入を検討しているのですが…。実はTRUNKのメンバーは9割がMacユーザーで、『新しいPCにはMacを!』と、勧められました。

元々Windowsユーザーだった私はとても迷いましたが、これを機にPCについて色々と調べてみました!
同じ悩みの学生さんは、是非この記事を参考にしてくださいね!

私の判断基準


私は今回、4つの観点でPCを選びたいと考えています。ちなみにPCについては全くの無知なので、お店の方に選ぶポイントを伝え、素直にお話を聞きました。笑

まず、1つ目!大学生には必ず必要な3種の神器

  • パワーポイント

  • エクセル

  • ワード


これが使えないとダメ。これは最低限です!

そして2つ目!耐久力.軽量ボディー!
持ち運びがしやすい軽量タイプ!
実家生で、常に持ち歩いたり、インターン先の営業などで使う様なことがあるときには、重いPCはとても不便なので軽いものがいいです。また、持ち運びが多いので、耐久性にも優れたものが好ましいですね!

3つ目は価格!
大きな買い物ですのですが、いくらハイスペックな機能があっても価格がバカ高い様なものだとなかなか手が出ません。PCなどの機械にうとく、一般的な機能しか使わない、(もはや使い方が分からない)なんて人は、特にそうでしょう。

4つ目はデザイン。
どうせ大きな買い物として買うなら、かっこいいほうがいいですよね!スタイリッシュなデザインだとちょっと面倒なレポートでも頑張れます!!

こんなことを考えてPCビギナーな私は探しました!
ビックロの店員さんとやりとりしまくった際にオススメされたモデルと、前々から狙っていたMac Book Airとを比較してみます!

hp ラグジュアリー・モバイルPC


1476116828490-1


hp 公式HPより

まずはWindows部門からいきます。
私の判断基準をお伝えした電気屋のお兄さんがオススメしてくれた商品です。かっこいい。

PC詳細

  • 薄型軽量設計 《重量1.11kg 最薄部10.4mm》

  • カーボン/アルミニウムボディ

  • バッテリー最大10時間

  • 高速駆働 SSB 《電源をつけてからがとても速い!》

  • 8GBの大容量メモリ


○価格は13万円台から〜(旧モデルが割安)

店頭で実際に本体を持ちましたが、本当に軽い!!
今使っている物が割と重いので余計そう感じるのかもしれないのですが、軽くて薄いです。
そして、起動させてから使用できる状態になるまでほんの数秒。特徴的でした。

また店員さん曰く、長持ちで6年は使えるとのことでした。価格が13万円台からとなってますが、長い目で見たら比較的安価な気もしてきたり。
8GBで大容量なのもゼミの実験で動画解析をしている身としては魅力的でした!

Mac Book Air


1476143525858-300x224

Apple公式HP


ではMac Book Airを見てみましょう!
TRUNKにインターンとして入ってから周囲のMacユーザーに推されていたため、前々から目をつけていました。やっぱりスタイリッシュですね。今回は11.6インチと13.3インチの2つを記載します。

11.6インチ PC詳細

  • 薄型軽量設計 《重量1.08kg 最薄部0.3〜1.7cm》

  • 最大10時間のiTunesムービー連続再生

  • 最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧

  • 高速駆働 SSB 《電源をつけてからがとても速い!》

  • 4または8GBメモリ


◯価格は102,800円(税別)から〜

13.3インチ PC詳細

  • 薄型軽量設計 《重量1.35kg 最薄部0.3〜1.7cm》

  • 最大12時間のiTunesムービー連続再生

  • 最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧

  • SDXEカードスロット

  • 8GBメモリ


◯価格は112,800円(税別)から〜

となっております。
13インチのもの同士で比べると少しMacの方が安いですね。

しかも、Macには【学生・教職員向けストアページ】が存在していて、学生のうちは学生割引と学生ローンが適応されます。


学生・教職員向けストアページ

11インチは98.800(税別)、13インチは106.800円(税別)と、少し安くなるんです!

店員さんによると、画像編集を行うなら13インチの方が画像も美しく、編集が行えるそうです。私はブログを書くことがお仕事なので、前々から目をつけていた11インチでも使い勝手は良さそうです。

ただ、店員さんにとても注意されたのは、『周囲がWindowsユーザーだと少し不便かもしれません。』とのこと。

個人的に後々調べたところ、Windowsに入っていたアプリは基本的に使えません。しかし、よほど専門的なアプリではない限り、Appleにも似たようなアプリがあるようです!

Microsoft製オフィスに関しても、AppleはMac向けに似たような《iWork》というアプリがあります。
しかし、Microsoft製オフィスで開こうとすると、ファイルは開けたとしてもレイアウトズレが起こり、少し不便かもしれません。

本体の寿命としては、Apple社は4年と公表していますが、Macユーザーからの口コミでは5年〜6年。MAX7年以上という声も!パソコン本体の寿命自体は、使用頻度によっても変化しているようです。

もっと詳しくMacについて書いてある記事を発見したので、こちらもチェックしてください!

本当にMacで良いの?初めてMacを買う人たちに考えてほしい6つのこと

まとめ


『結論』…周りと合わせろ!!

どちらが良い!とは結論付けることが出来ませんでしたが、卒論やレポートなどの資料作成の際にレイアウトのズレを修正するという手間を考えると、Windowsが無難かもしれません。

そして、色々と書き綴ってきましたが、わたくし対応アプリの段階であることに気づきました。

『卒論で使うアプリがApple対応してない…。』

こればかりは、私の力ではどうにもならないことなので、大人しくWindowsの購入の検討をしたいと思います。笑

このように、様々な観点で使用するPCを検討することが大切だということが今回の学びとなりました!
(本当、勢いで買わなくてよかった…)

今回紹介したhpラグジュアリー・モバイルPC以外にも、Windowsではもっと安く手に入るPCもありますので、ご自身の用途や使用頻度に合わせてPCの購入を検討してくださいね!

この記事を書いた人

津吹 アイリ

東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。