2018.01.09Similarwebを使ってwebサイト検索ランキングの世界Top100を調べた感想

こんにちは、TRUNK ROOMライターのヤマソウです。

SimilarWebてサービス、知ってますか?

競合サイトのことを調べられるwebマーケティングツールなんですが、世界中のwebサイトの情報を丸裸にできて、使っててふつうにおもしろいです。

今回はそのSimilarWebを使って、2017年12月のWebサイト検索数ランキングを調査、そしてレビューしてみました。

ちなみに、TRUNK ROOMは下ネタとは一線を引かないといけないメディアなので、表現にぼかしがあるものはそのため。

検索数ランキング
91〜100位


Top Sites10

アマゾンジャパン amazon.co.jpが93位、ドコモ docomo.ne.jpは91位。

.jpのドメインが2つもランクイン。また、日本だけでなくアジアの国々で使われているライン line.meは94位に。

他にも、世界最大の小売企業・流通企業アリババのECサイト、アリエクスプレス baliexpress.comが92位にランクイン。

検索数ランキング
81〜90位


Top Sites9

イーロン・マスクが創業したことで知られるペイパル paypal.comが90位。

事務作業に欠かせないツール、オフィス office.comは88位に。

意外というか、予想通りというか、81位で早くもあっち系のハッピーなサイトがランクイン。

イーロン・マスク、超悔しいでしょうね。

検索数ランキング
71〜80位


Top Sites8

中国最大の検索エンジンバイドゥのbaiducontent.comが71位、

スティーブ・ジョブスの遺産、アップル apple.comは74位です。

株をもとにした企業の時価総額はアップルが世界一位と言われていますが、サービスサイトの検索数ランキングではトップ50にも入れてないんですね。

熾烈。

検索数ランキング
61〜70位


Top Sites7

IT二大巨匠のもう一人、ビルゲイツの創設したマイクロソフト microsoft.comは68位。ジョブズが生きていたらAppleとの順位はまた変わっていたんですかね。

検索数ランキング
51〜60位


Top Sites6

折り返しの60〜51位。

日本でもよく使われるポータルサービスサイトMSN msn.comが60位。ちなみにMSNはThe Microsoft Networkの略で、これもマイクロソフトが運営するサービスサイトです。

59位のワードプレス wordpress.comはブログソフトウェアです。TRUNK ROOMもワードプレスを使って作られています。

58位からはgoogleラッシュ。順にコロンビア、フィリピン、ウクライナ、台湾、ベトナムとなっています。

検索数ランキング
41〜50位


Top Sites5

カテゴリーごとに整理する検索エンジンBing bing.comは47位。続いて、日本最大のまとめサイトNAVER naver.comが46位。

46位にランクインのWhatsApp whatsapp.comは世界で最も普及してるチャットツールです。

また、軒並みIT企業がランキングをかためる中で、韓国メーカーSAMSUNG電子 samsung.comが43位に。

検索数ランキング
31〜40位


Top Sites4

世界最大のオークションサイト、eBay ebay.comが40位。

ドコモの91位以来の.jpドメイン、33位にヤフージャパン yahoo.co.jpがランクイン。続く、ネットフリックス netflix.comは32位です。

検索数ランキング
21〜30位


Top Sites3

21〜30位はまた、googleラッシュ。

順にイタリア、フランス、トルコ、そして26位でグーグルジャパン google.co.jpの日本、メキシコ、ロシア、ドイツとなっています。

また、インスタグラム instagram.comは22位。

検索数ランキング
11〜20位


Top Sites2

一億種の商品を取り扱ってるらしい、巨大ECサイトのアマゾン amazon.comは18位。

また、14位、12位にかろうじて負けなかったツイッター twitter.comは11位。

検索数ランキング
1〜10位


Top Sites1

トップ10はもう誰でも知ってるものばかり。

とりあえずまあ、10位について。

考えてみると、すごいことですよね。暇さえあればインスタ見てる人多いですけど、それでも22位止まり。それよりも圧倒的に、暇さえあればこっちの方が見られてるってこと

9位と7位のgoogleは、ブラジルとインド。人口の多い国のgoogle検索エンジンがトップ10にランクイン

ちなみに、コロンビアやブラジルなどのラテンアメリカの国が上位にランクインするのは、近年ラテンアメリカが世界のテクノロジーハブとして成長しているのが絡んでいると思われます。

トップ5は説明不要ですが順に、

5位インターネット百科事典のウィキペディア wikipedia.org

4位 中国最大の検索エンジン バイドゥ baidu.com

3位 世界最大の動画共有サービス ユーチューブ youtube.com

2位 マイク・ザカーバーグの開発した世界最大SNS フェイスブック facebook.com

1位 世界最大の検索エンジングーグル google.com

となっています。

まとめ


SimilarWebでは、こうしたランキングだけでなく気になるサイトが先月どれくらいセッション数を集めたかがわかります。

他にはGoogleアナリティクスやトレンドなどのWebマーケティングツールも使ってみると、いろんなことが数字として見れておもしろいです。最後に、、

この記事はステマじゃないです!笑

この記事を書いた人

ヤマソウ

TRUNK ROOM編集長。ぼうず。夢は、いつかサンパウロに行ってラテン美女とサンバを踊ること。