2017.02.11爆速Github!エンジニア必須のショートカットキー!

TRUNK もくもく会
こんにちは!
初めまして!エンジニアの杉田です!

さて、多くのエンジニアが使っているであろうプロジェクト管理サービス『Github』
チーム開発で大活躍ですね!
ただ、「キーボードから指先を離したくない。」と思っている方も多いのではないでしょうか。

私、杉田、見つけました。


Githubにはあまり知られていないショートカットキーがたくさんあることを!!
それではさっそく各画面での便利なショートカットキーの紹介です!

全画面共通


まずはこのメニュー部分!
Github メニュー

タブを移動する。


メニュー間の移動は「g」の後に続いてそれぞれの頭文字を叩きます。
g + c Codeへ
g + i Issuesへ
g + p Pull Requestsへ
g + w Wikiへ

完全に同時ではなく、「g」を押した後に「i」という感じです。
もう目をつぶっても移動できますね。

続いて、こちらのテーブルセクション!
テーブル部分

vimのように移動する


j 下へ移動
k 上へ移動
o/Enter 開く

vimmerでも、そうじゃなくても、jとkだけで移動できるのは楽チンです。
*「h」と「l」での横移動はないです。

さぁ、今の所全くキーボードから手を離さずにgithubを使いこなしていますねー

Issueを見たいんじゃ、issueを。


ですよね。Githubを使っているなら、issueも使ってますよね。
Issue画面では目的のissueをすぐに見つけられるようにFilter系へのショートカットが充実しています!

Issueページメニュー

issueを探す


/ issueの検索ボックスにフォーカス
u Authorで絞る
l ラベルで絞る
m マイルストンで絞る
a アサインで絞る

issueが乱立しているときはとても重宝します。
これだけあれば目的のissueまでたどり着けますね。

新しくissueを立てる


c 新しくissueを作成する。

さっと作りたいときに「c」だけでissue作成画面にいけます。

今まで、「あー俺のissueはどれだー」とか。
「優先度高いのがわからないー」とか。
これだけショートカットキーを知っていれば、迷うことはないですね、逆立ちしてもissueを探せそうです。

こんな感じ↓


Issue画面操作

まとめ


「いや、こんだけかい」と思ったあなた。
これだけじゃないです。さすがエンジニアのためのGithub。他にもたくさんあります。

そんなときは、

ショートカット一覧を表示する


? ショートカット一覧を表示する
このコマンドでどんなショートカットが使えるかがわかります。
これを見れば爆速Github間違いなしです。
この「?」があればこの記事いらないんじゃね?って感じですね_φ(・_・

それでは、また!

全然関係ないですが、このトレーニング↓に参加しようと思います。
プロのエンジニアから直接学ぶ | React入門 「2時間でWEBアプリケーション作成」
03月05日(日) 13:00 - 16:00
Reactトレーニング画像
「この記事読んだよ」とか声をかけてくれると嬉しいです!

この記事を書いた人