2017.02.26プロダクトチームに必要なのはPRINCIPLEをつくること。

お久しぶりでございます。CTOの布田でございます。
主張強めの記事かきます。少し前にTRUNKプロダクトチームのPRINCIPLEを決めたので発表するという内容です。
内容に入る前に、少し前にドレッドヘアのメンテナンスに行き、状態が良いのでその写真載せときます。
トレーニングで会ってドレッドを触るとその人に幸運がおとずれる、そういったドレッドにしていきたいと思います。
Tablet 9″ Landscape
どうでしょうか、もしモナリザの後ろ姿をダ・ヴィンチが描いたらこうなったんじゃないかというくらい美しいですね。
それでは本題に入ります。

PRINCIPLEとは?


まず言っておきたいのは、PRINCIPLEはPRINCIPLEであって適切な日本語はないのですが、それではあまりにも分からないので直訳を載せます。
1. 主義、信念
2. 方針
3. 原理、原則
5. 根本、本質

どうでしょうか?
なんだ、行動指針か。と思った方、違います。PRINCIPLEです。
カタカナにするとプリンシプルと読めます。

なぜPRINCIPLEをつくるのか


ほとんどの企業には経営理念やミッション、行動指針、コアバリューというものがあると思います。
僕の前職の面白法人カヤックの経営理念は「つくる人を増やす」でした。
最近ではメルカリの「Go Bold - 大胆にやろう」 などが有名です。

TRUNKのミッションは生まれた環境に関係なく、やる気次第で誰でも活躍できる世界を創るというものです。
これは社員全員が意識し、対社会に対しても意味を持つものです。

一方PRINCIPLEはもう少し狭い範囲、つまり自分が所属し、普段仕事をするメンバーの中でのものになります。
なので必然的に普段の行動で使えるものが良いと思います。
TRUNKは現在社員インターン合わせて総勢15名ほどいて、プロダクト、セールス、メディアに分かれており、今回紹介するPRINCIPLEはプロダクトチームのPRINCIPLEになります。


TRUNKプロダクトチームのPRINCIPLEはトリプルH!


hhh02

PRINCIPLEに込めた思い


3月はじめにCCO岡崎とガッツリ1週間コードを書かない合宿をし、そこで決めました。
「TRUNKのプロダクトチームはこういう人だよね。」
「こういう人いたらすぐ会いたいね。」
という感じでわりとすぐ決まりました。

Hippie


ヒッピーにはいろいろな定義がありますが、TRUNKでいうヒッピーは既存の制度や価値観にとらわれずに自然を愛し、幸福を追求する姿勢です。
TRUNKは大学生が使うサービスであり、オフラインで会う機会も多いです。TRUNKをつくっている人が幸せで人生を楽しんでいないと大学生もTRUNKを使ってスキルをつけて人生を生きていこうとは思えないはずです。ちなみに僕とCCOの岡崎はどちらも自然が大好きです。

Hacker


ハッカーは知識と技術に特化し、かつ関心があるというところがポイントです。
知識や技術に特化した人はたくさんいますが、それを自分が関心のあるところに使って結果を出すのがハッカーです。

Harmony


ハーモニーには調和という意味があります。
チームで助け合って結果を出すという意味が込められています。

グラフにしてみました


Article
完全に私の主観で決めましたが、グラフにすると面白いです。

つくった結果よかったこと


つくってチームメンバーに共有したところ、以前より一体感が生まれました。
「それハーモニーだね。」
「ヒッピー感あるね。」
と言った感じで他からすると訳わからないかもしれませんがチーム内が活性化され、何より楽しいです。
また、採用の時の共通言語としても機能しはじめたのも良いポイントです。
私とCCO岡崎の間で以下のような会話がよくされるようになりました。

岡崎「〇〇くんTRUNKに誘いたいんだよね。」
布田「いいね。トリプルHある?」
岡崎「Hacker要素強め!」
布田「いいね!」


いかがでしたか?


ぜひ皆さんのチームにもPRINCIPLEつくって役立ててみてください。
そしてHippie Hacker Harmonyにフィット感すごい!っていう方はここから連絡ください!一緒に働きましょう!

この記事を書いた人

布田隆介

Trunk CTO。 宮城→大阪→世界30カ国放浪→東京 アメフト選手が好きでドレッドヘアにしています。 一緒につくってくれるエンジニア募集中!