2016.06.27例文あり!就活時に送る失礼のない内定辞退メール

こんにちは!東京学芸大学のアイリです。
私の周りの就活生は、約5割ほど既に内定が出ている人がおり、就活終了の報告も多々聞きます。

中には複数内定が出ており、本命以外の企業に対しての『面接辞退の連絡メール』の送り方に困っている人が多かったので、今回はそれについてまとめてみました!



連絡のルール


TRUNK 内定辞退メール
まず、企業に連絡する際の最低限のマナーとして

1.なるべく早く連絡する。

ことを意識してください。
メールの返信としては24時間以内が適切とされています。企業側の早期人材確保の為にも、早めの連絡を。


次に
2.要件を件名に簡潔に示す

他の連絡をする際にも、意識していかなければならない部分ですが、件名にはかならず要件を記入しましょう。
【内定辞退についてのお詫び】
【貴社内定辞退についてのお詫び】

などと、記入すると分かりやすいでしょう。


連絡方法



今回はメールに特化した記事内容となりますが、
連絡方法は一般的に以下の3つになります。


  • 訪社

  • 電話

  • メール



選考企業がITである場合や、WEBからエントリーをした場合、また採用専用のメールフォームなどが設置されている場合は、メールでの連絡が良いでしょう。


実際の例文



○○株式会社
人事部 ○○ ○○様


お世話になっております。
先日、面接のお時間をいただいた○○です。
内定のご連絡をくださり、誠にありがとうございます。

今回、内定をいただいたにも関わらず誠に恐縮ですが、【○○○○(辞退する理由)】により、採用内定を辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。

貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、このようなお返事となり、誠に申し訳なく、衷心よりお詫び申し上げる次第です。

本来なら、直接お会いしてお詫び申し上げなければならないところを、メールでのご連絡となりますことを何卒ご了承いただきたくお願い申し上げます。

今後の貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。



==========================
〇〇大学 〇〇学部 〇年
自分の名前

連絡先
・アドレス
・電話番号


メール作成時の注意事項




  • 宛名は正式名称で表記すること。

  • 必ず最後には署名を表記すること。

  • 面談や会社見学に行った際には、そのお礼をきちんと伝えること。



上記のポイントは必ず押さえてください。

内定後は人格を問われる


TRUNK 内定後 人格
内定辞退メールを送る際には、以上の点に気をつけましょう。

内定後の迅速な連絡を行うまでが就活!ということで…(帰るまでが遠足的なあれです。)
今回の就活時に会った面接官や、面談してくださった社会人の方々に、次の機会にお会いする時はお互いに社会人として関わると思います。

どこで再度ご縁があるかわかりません!
面接の時間を割いて頂いた人事担当の方々に、最後まできちんと感謝の心を持って私自身も対応していきたいと思いました!

この記事を書いた人

津吹 アイリ

東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。