2016.11.09大学1年生はFacebookで賢く就活!

TRUNK もくもく会
img_0995
こんにちは!ライターのアイリです。
私事ですが、院試に合格しました!やっと進路が決まって本当に一安心です。発表日の朝は、朝食のフルグラを吐きそうになるほど緊張してました。笑

さて、今回は私のように追い込まれないためにも(笑)大学1年生からでも気軽にできる就活方法を考えたので、是非是非参考になればと思います!

就活は情報戦


私が去年から今年にかけての就活で思ったことは"情報収集の大切さ"です。ある特定の情報を知ってるか知らないかで最初の1歩が大きく変わってきます。わかりやすく例えるとエントリー期限の日程を知っているか知らないかでは、もちろん大きく違いますよね?

ですが、まだ大学1年生。ついこの間まで受験勉強に明け暮れてたのに就活やら就職なんて…という方も多いはずです。しかし、皆さんが予想している以上に大学生の4年間は凄まじいスピードで過ぎていくのです。本当、早過ぎて恐怖を感じるほどです。笑

ですから、今はまだなにも思いつかないよ!という方には、『何がしたいのか?』を知るためにも『何があるのか?』を見てみるというアプローチをオススメします。

それがとっても簡単にできるのがFacebookです。

情報収集にFacebookを活用


Facebook ロゴ

皆さん、Facebookのアカウントはお持ちでしょうか?
実はこのFacebookが案外、就活にも大活躍するんです!では、ここからどのように活用していくかをご紹介していきます。もし、アカウントを発行していない方も今回をきっかけにアカウントを作ってみてくださいね!(ちなみに、TRUNKへの登録ログインも簡単になりますよ(小声))

キーワードを検索するべし!


Facebookには友達検索機能があるのをご存知ですか?この機能で知り合いを検索することはもちろん、自分の気になった職種や企業のことを検索することも出来ます。

例えば『インターン』と入力すると…
Facebook

このようにインターンに関連する記事や、企業用のページが表示されます。インターンの検索だけでもざっと50以上の企業やページがヒットします。
気になるページが見つかったらとりあえず"いいね!"を押して、自分がわざわざそのページに行かなくても情報が流れてくるように設定してしまいましょう!
情報をリアルタイムで簡単にみれるのがFacebookのいい所ですよね!

企業名を検索すべし!


もし既に気になる企業があれば、検索をしてその企業のページに"いいね!"を押しておきましょう!
これは企業によるのですが、比較的新卒向けの情報やインターンなどのエントリーの際には、それを宣伝している場合が多いです。就活はまだまだ先だし、エントリー時期なんて知らなくてもと、思わずに、『そういえばこの時期によく流れてくるなぁ〜』ぐらいに知っているだけでもいいのです。"いいね!"を押すのはタダなので!笑 少しでも興味があるなら押しておきましょう。

イベントに参加するべし!


Facebook

そして、Facebookの便利なのがこれなのですが、検索画面上部には様々なジャンル分けがされています。そこの『イベント』を押すと検索したキーワードに関連するイベントがどどどっと出てくるのです!

インターネット上でイベントを探すとなると、何回も検索して予約やらなんやらと面倒なことが多いのですが、Facebookだと検索も参加の有無もボタン一つで簡単に行えるという所が良いポイントですよね!
さらに、参加の意思表示をしている友人が一緒表示されるので、『一緒に行こう!』と誘いやすいのも魅力です。
また、イベントに行った際に気の合う仲間がいたらFacebookのアカウントで友達になりましょう。友達になると、その子が他の楽しそうなイベントに参加していることや、シェアした記事が面白い!などということが沢山あります。どんどん人脈を、増やしていきましょう!

"繋がる"のがいいこと


Facebookを、有効活用するとどんどんと人と人との輪が広がっていきます。私もTRUNKを知ったきっかけは実はFacebookでした。(就活で知り合った爽やかイケメン君がシェアしていたものでした…笑)

どこでどんな運命的な出会いがあるかは誰にも分かりません。大学1年生は授業も部活もサークルも、バイトも…と、忙しい時期だと思うので、FacebookなどのSNSを上手に活用して、気軽に自分の将来について考えるきっかけになればと思います!
是非、参考にしてください。

TRUNKのFacebookページ
TRUNK-Facebook
そして、TRUNKにもFacebookページがあります!
トレーニングやブログの更新もまめに行なっているので、皆さん"いいね!"してくださいね。

この記事を書いた人

津吹 アイリ

東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。