2016.12.01就活生の年末年始は3つのことを意識する

161129-1_2

あけましておめでとうございます、
TRUNK ROOMライターのヤマソウです。

年末年始は企業説明会もパタリと止み、就活生にとってはいわば一時休戦の期間。実家でゆっくりするのも良し、初詣に行って就職祈願をするのも良し…でもちょい待ち!

休戦期間が過ぎればまた企業説明会の嵐に揉まれ、気づけば3月で本戦は目の前。ゆっくり過ごすのもいいですが、就活生という意識を持ってしっかり準備もしたいところ。

今回は、就活生の年末年始の過ごし方を3つのセクションに分けてまとめて見ました。

情報収集-とにかく周りの人に聞きまくれ-


shutterstock_524619910

就活は情報戦。年末年始に特に仕入れておきたい情報は、自分の小・中・高校時代のこと。就活において、自分の原体験を尋ねられることは非常に多い。直接的でないにしろ、自己分析が必須となる質問事項は面接官の聞きたいことです。

つまり、就活を成功させる=面接で通過するためには、どうしても小・中・高校時代の原体験のことを話すのを避けては通れないのです。

そこで、家族・親戚一同が会しやすい年末年始は自分のことを聞くのにうってつけ。

過去に関しては、親は本人以上によく知っているでしょう。ぜひ、就活前のこの年末年始に尋ねて見てください!

また、選考が始まれば忙しくなり本を読んでいる時間などは、とても取りづらくなります。面接時の一般常識で、「最近読んだ本を教えて下さい」と質問されることはよくありますので、年末年始の時間がある時にゆっくり本も読んでおきましょう。

スケジューリング-戦略と計画を立てよう-


shutterstock_524450539

先にも述べた通り、年末年始は就活における一時休戦。思い返してみて、ここまでのあなたの就活は自分の思うように行ってましたか?

良くも悪くも整理する点は幾つでもあるかと思います。また、就職活動も時期によってやるべきことが変わります。何月に何をして、何月にはこうなってる!というイメージが非常に大切

そのためには例年の採用スケジュールを分析して、自分の年度に当てはめて分析することが重要です。時間にゆとりのある年末年始だからこそ、冷静に戦略と計画を練りましょう。

SPI試験勉強-試験勉強はお早めに-


shutterstock_523505680

「これって今必要なの?」って思うそこの人。確かに平均勉強時間50時間以上、難易度は中・高校生程度と言われるSPI試験

しかし、1月、2月には学校のテストがあり、3月からは企業説明会やエントリーシートの作成に追われるとしたら、筆記試験の対策はこの時期に行っておくべきだとは思いませんか?

SPI試験は問題数が非常に多く、時間との戦いとなる試験。参考書や問題集を利用して数をこなしておくことをオススメします!

 

以上、いかがでしたか?

最後に一番大切なこと。就活をしていると精神的に辛くなるときが必ずあるはず。今から気を張り続けていると先が思いやられます。今は一時休戦期間にリフレッシュ。心のゆとりをしっかりと取り戻すことも大切なことだと思います。

有意義な年末年始をお過ごしください!

【就活】関連記事


自分に本当に必要な「説明会」「セミナー」を選ぶ3つのポイント

就活・インターン・バイトにお役立ち!履歴書の証明写真の攻略方法教えます

学生時代に最も打ち込んだことを的確に伝える書き方のコツ!

この記事を書いた人

ヤマソウ

TRUNK ROOM編集長。ぼうず。夢は、いつかサンパウロに行ってラテン美女とサンバを踊ること。