2016.12.03ベンチャー企業を理解して自分がベンチャー向きか知ろう!

TRUNK もくもく会
ベンチャー企業のこと、意外と知らない人もいるかと思います。僕もそうでした、ベンチャーと中小企業何が違うんだろう。なので今回はベンチャー企業について学んでいこうと思います!

そもそもベンチャーってなに?


pexels-photo

まず初めにベンチャーの意味


ベンチャーという言葉の意味は、冒険。冒険的な企て。または投機。です。
ベンチャーとは、ベンチャービジネスの略であり、新しい技術や高度な知識を軸にして、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指します。冒険を意味する言葉が転じて、収益が未確定の新規事業全般についてもベンチャーと呼ぶようになりました。新しく企業を設立することの他に既に存在している企業が社内に新規事業部門を立ち上げることも社内ベンチャーと呼んだりする場合もあります。最近ではIT業界を中心に「スタートアップ企業」という言葉も浸透してきています。

中小企業について


中小企業と呼ばれる企業には定義があります。中小企業庁の(中小企業基本法による)中小企業の定義によると、
製造業やその他の業種は従業員数300人以下または資本金3億円以下。卸売業は(以下、従業員数、資本金の順)100人以下または1億円以下。小売業は50人以下または5000万円以下。サービス業は100人以下または5000万円以下のように具体的に定義されています。
なので中小企業の中でベンチャーと呼ばれる企業と中小企業と呼ばれる企業が混ざっています。

ベンチャーと非ベンチャー


事業の規模、組織の機能も同じような中小企業のなかでベンチャー企業と非ベンチャー企業を分けるもの、それは成長志向、急成長志向があるかないかと言われています。意図した急成長するビジネスモデルを考え、そして作り、高いリスクを受け入れ、成長に応じた経営資源の充足を取捨選択するのはベンチャー企業ならではの行動と言えます。安定志向でリスクを取らず、現状維持の安定を求めるのが、中小企業と言えます。なので、中小企業だけど、革新的なことをしようとして急成長すれば、それはベンチャーと呼ばれます。意味を知ったらベンチャーかっこいいなと思いませんか?



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8414597578485864"
data-ad-slot="4410428637">



ベンチャー企業のいいところ


上記で述べたように、挑戦の姿勢はとても良いところだと思います。
他にも仕事面で、大手の会社は基本的に仕事量が決まっていて、それで歯車が動いている。だから1人の人が沢山がんばることが結果的にその歯車を狂わせてしまうこともある。ベンチャー企業は基本的に人が少ないから仕事量が1人分だと足りなく、歯車がうまく回らない。なのでみんな1.5人分の仕事をしないと会社が回らないし成長できない。企業が成長したなら自分も成長しているはず。
大手からベンチャーまで、約30社ほどのインターンに参加してベンチャーに決めた先輩のインタビュー記事がこちらに書いてあります。http://room.trunk.fm/shukatsu/4387
「たくさん見たからこそ今の会社がいいと思った。自分は就活をする上での3つの軸を作って、それで業界、会社を選んだその3つの軸っていうのは「人、環境、裁量」人っていうのは働いている人が楽しく働いてるか、それと尊敬できる人がいるかって部分、環境は年齢性別社歴関係なく上に上がっていけるか、裁量は仕事をやったらやっただけ仕事をまかせてもらえるか、これが三つの軸だね。そうゆう観点で就活していたらベンチャーになった。大手は仕事量決まっていて、それで歯車が動いている。
ベンチャーは人数が少ないから1人分だと足りなくみんな1、5人分の仕事をしないと会社が回らない
し成長できない。今の会社はみんな楽しそうに働いているし、向かう先が違くても、やりたいことを持って働いているから、そこはすごくいい。今の会社は自分で設置した3つの軸にしっかりハマったね。」

ベンチャー企業を視野に入れよう!


以上のことから成長意欲があり、バリバリ仕事したい!って人やこれから企業したい人。など、何かに挑戦して、そして成長したい人は向いていると思います。ベンチャー企業には解決しなければいけない問題が山積みです。なので、問題解決能力に長けている人や根気強く仕事にうちこめる人など。言い方が違うだけで、仕事をする上で何か自分が設定した人生の目標に向かって頑張れる、成し遂げたい!と思う熱い心を持った人はベンチャー企業を視野に入れてみましょう!
black-and-white-sport-fight-boxer

この記事を書いた人

TakutoOtsuki

日本大学の3年生 TRUNKでライターのインターンをしています