2016.12.06【3分企業研究】数字で見る!金融編

TRUNK もくもく会
img_1603

【3分企業】研究数字で見る!金融業界



こんにちは!学生ライターのアイリです。前回は業界研究:アパレル業界について業界研究を行いましたが今回は金融業界編!前回同様、ランキング形式で様々な角度から企業研究をしていきます!自己分析を終えた就活生におすすめの記事です!終わってない方はこちらの記事をどうぞ!学生のキャリア相談を受けて思うこと - 一生を賭ける仕事の見つけ方 –




金融業界とは?



金融業界とは、簡単に言うと「社会の中のお金をぐるぐると回すところ」という概念です。
「いや、その説明は簡単すぎじゃーい」とと突っ込まれてしまうと思うので詳細はこんな感じです。

銀行(都市銀行、地方銀行、信託銀行など)
中小企業関係金融機関(信用金庫、信用組合など)
農業関係金融機関(信用農業協同組合、農林中金など)
ノンバンク、リース業
保険会社(生命保険、損害保険)
証券会社
政府系金融機関

引用:13歳のハローワークより


金融業界は上記のように細分化されています。仕事内容としては様々な職種によって大きく変化しているので、一概にこれ!とは言えませんが、お金を集め、運用していくのが主な仕事です。これら以外にもIT分野の発展とともに、インターネット関連の金融事業も発達している模様。




業界シェアランキング



まずは金融業界のシェアから!


 1位 三菱UFJフィナンシャル・グループ
 2位 三井住友フィナンシャルグループ
 3位 第一生命保険
 4位 みずほフィナンシャルグループ
 5位 東京海上ホールディングス
 6位 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
 7位 SOMPOホールディングス
 8位 野村ホールディングス
 9位 T&Dホールディングス
 10位 オリックス



さすがにこのランキングだと、一般的に知名度が高い企業名が多いですね!
金融業界の業界研究は初めての私ですが、ほとんどの企業名を知っています。ちなみに1位の三菱UFJフィナンシャル・グループは売上高5兆1,761万円、2位の三井住友フィナンシャルグループ 4兆6,418万円、3位の第一生命保険 4兆3,532万円となっており、以下4位からは2兆単位の売上高なのでTOP3は群を抜いての売り上げを誇っています。売上高5兆とか…平民の私にはもうよく分からない桁です。ハリボーのグミ何個買えるんだよって話ですよね。(好物)




年収ランキング



次は気になる年収ランキングです。


 1位 野村ホールディングス 1,488万円
 2位 シティグループ・ジャパン・ホールディングス 1,470万円
 3位 東京海上ホールディングス 1,387万円
 4位 三井住友フィナンシャルグループ 1,264万円
 5位 三菱UFJ証券ホールディングス 1,231万円
 6位 三井住友トラスト・ホールディングス 1,174万円
 7位 SOMPOホールディングス 1,172万円
 8位 大和証券グループ本社 1,152万円
 9位 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 1,119万円
 10位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1,046万円


TOP10位までが堂々の1000万円プレーヤーです。金融業界すごいですね!労働時間が長いのかな~と思い労働時間を調べてみましたが…
厚生労働省による産業別1人平均年間実労働時間によると、金融関連の年間労働時間は平均1812時間。また、DODAの残業の多い職種・少ない職種ランキングでも3位 12.8時間となっており、20日出勤の計算でも1日1時間未満となっています。(本当?)

個人的にはこれは意外でした!金融関連の方に今度実態をインタビューしようと思います!




勤続年数ランキング





 1位 池田泉州ホールディングス
 2位 トモニホールディングス
 3位 NTTファイナンス
 4位 ふくおかフィナンシャルグループ
 5位 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
 6位 小林洋行
 7位 フィデアホールディングス
 8位 青森銀行
 9位 りそなホールディングス
 10位 三井住友トラスト・ホールディングス



大手企業はどこ~?が第一印象でした。シェアランキングTOP10にランクインしていたのは、5位のMS&ADインシュアランスグループホールディングスのみ。ちなみにこの会社は全てのランキングに入っていますね。勤続年数ランキングでは地方密着型の銀行が多い印象を受けました。都心とは違い長く長く続けやすいのでしょうか?ここも追跡調査として聞いてみたいところですね!

ちなみに今回のランキングは業界動向search.comを参照しています。もっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!




聞きたいこといっぱい!



いかがでしょうか?このようにランキングから企業を見ただけでも「?」が沢山。
このような疑問を持つことが業界研究の後の企業研究に繋がるのではないでしょうか?
具体的な疑問を持って行ったほうがOB・OG訪問の際にも話が盛り上がるはずです。今回のランキングまとめが忙しい就活生の役に立つことを願います!


【就活関連おすすめ記事!】
就活前に知りたかった、学生のうちにビジネスを知るべき理由
どんな髪型が好印象?就活生のトレンドヘアスタイル

この記事を書いた人

津吹 アイリ

東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。