2017.01.07企業からみてインターンに参加している学生は魅力的?〜インターンが就活に有利な具体的な3つの理由〜

あけましておめでとうございます!2017年。
もうすぐウィンターインターンが始まりますね。
最近では、多くの学生がインターンシップに参加しています。
そもそも学生はなぜインターンシップに参加しているのでしょうか?
それはインターンに参加している方が就活に有利だと思うからではないでしょうか。
今回は実際にインターンに参加して有利だった理由を三つ、そして企業からみてインターンに参加している学生は魅力的なのかを考えてみました!

インターンが就活に有利な三つの理由


third-point

1つ目


面接で話せることが圧倒的に増えます。
就活の面接では『なんでこの仕事がいいのか』とか、『自分の適正』という部分で、インターン経験を根拠として話せるのが、1番の強みです。

2つ目


就職する前にどの部署が向いているのかという試験的な体験ができる、そして実務経験、スキルが積めます。
周りより、一歩抜きに出ていることが就活で有利に進められます。

3つ目


会社やその業界の情報がたくさん手に入ります。
会社ではミーティングや上司の話していることが同じ空間にいることで聞こえてきます。
そのような話からは学ぶことしかないです!
それに加えて入りたい企業のインターンであれば、コネ作りができたり、自分の向いていることややりたいことが見えるのは有利な点です。

企業からみてインターンシップに参加している学生は魅力的か?


darts-target-bull-s-eye-delivering-37604
インターンに参加することによって、面接時に話すことが増えるため、面接官にとって魅力的に見えるかも知れません
しかし、インターンに参加したから魅力的になるのではないようです。
人事の目線から、どんな学生が魅力的にうつりますか?
面接で魅力的にうつる人はですね、学生時代やってきたことをアピールしてくれる中で、いかに自分が本当に主体的に楽しんでやってきたかということを言ってくれる人です。人に乗っかってるだけで生きている人よりは、自ら進んで動いてきましたみたいな主体性のある人の方が、その人の話をどんどん聞きたくなるし、すげえ楽しそうだなと、話してる方も感じる。そうすると、魅力的にうつると思います。

http://www.social-lunch.jp/s2/column/5695115561533440?p=4から引用
とりあえず就活前にインターンに参加!ではなくて、この会社が気になる、こうゆう仕事がしたいからこの会社のインターンに参加する!のような行動の理由があなたを魅力的に見せます。
インターンには採用直結型のインターンや企業イメージの向上を狙ったインターンなど様々なインターンの種類があります。
その様々なインターンの中から、なぜそのインターンに参加したのかの答えが大切なポイントです!

インターンは就活に有利! まとめ


point-matome
僕は今TRUNKでライターのインターンをさせてもらっています。
始める前はライターは文章を書くだけで楽勝だ!なんて思っていました。
でも実際やってみると、自分が書いた記事を読んでもらうのはとても難しいし、「SEOを意識して書こう!」「なんだそれ」とか自分が想像していたよりも何倍も大変だなと実感しました。
でもライターとして記事を書かせていただいている中で、どうやったらたくさんの人に読まれるだろう?とか、人気ライターになってみたい!など、やったから知れたこと、思ったことがたくさんありました。
なので、とりあえず就活前にインターン参加してみて、そして自分が吸収したものをきちんと伝えることができれば、主体的に行動していなくても有利!だと僕は思っています。

この記事を書いた人

TakutoOtsuki

日本大学の3年生 TRUNKでライターのインターンをしています