2017.04.12【面接で活きる自己分析とは?】人事が語る、学生が自己分析をすべき本当の理由

IMG_7135

こんにちは!ライターのアイリです
皆さん"自己分析"はできていますか?
就活をする上では、避けて通れない自己分析。
が!しかし…それを面接で活かしきれてる人は少ないのではないのでしょうか?

今回は、実際に大手企業人事の方から聞いた、人事目線の自己分析の観点と、面接に活きる自己分析の方法を伝授します!




自己分析は人事の為のものだった




自己分析と聞くと、一般的に自分にあった企業を決める段階で活用されがちです。

しかし、それだけじゃないんです!


人事は学生のある部分を判断するために、学生が自己分析をどのようにしたかを見ているんです。



人事は面接で認識のギャップを見ている



3BC1963F-D509-4E26-90EE-827CB82D6FF6-785-00000090EC68835D_tmp


そのある部分とは自分のキャラが把握できているかどうかという部分です。

人事は学生が話す"自分の像"と、人事が面接で抱いた第三者目線からの"学生像"を照らし合わせます。

なので、話している内容もそうですが、
  • 学生の把握する自分像がズレていないか

  • 自分の会社に合いそうな考え方をしているか


  • を、見ています。
    そして、それが面接用に作られたものではなく、学生の本音としての考え方かな?ということを、学生との会話の中で確認しています。



    自己分析が出来ない=仕事が出来ない



    B7E55742-8901-47BA-9CAF-938EB615C7A7-785-00000095F199A7DE_tmp

    なぜ人事はそのような見方をするのか?
    それは単純に、自分のことを客観視して見れないということ=現状把握能力が低い!という評価をするからです。

    これは、仕事をしていく過程で「今の課題から次にどうステップアップするか?」を正しく認識できるかどうか。また、「自分の問題点や、サービス・事業の問題や課題が把握でき、改善していける洞察力があるか?」という風にイメージしやすいのです。


    答えがない課題を自分で解決していくには、物事や自分を客観視できないといけません。


    1番身近な存在である自分自身を分析できないと、仕事においても分析できない=仕事ができないというイメージを抱いてしまします。

    また、実務経験がない学生がいくら事業についてHPで調べ、自己分析による結果と結びつけて論理的に話したとしても、実際の業務内容と業務イメージとのズレが生じることでしょう。

    それよりは、
  • 伸びる力(分析力など)があるのか?

  • 素直さはあるのか?

  • 頑張り屋さんかな?

  • この職場に合ってるかな?


  • などとという点を見て、採用を決める人事方針も存在しているようです。(会社によってもちろん差はあります)



    では、どうすれば自己分析がリアルの自分とズレないのか?



    F31B4637-37F1-47EF-947A-EF60B77A1727-785-00000091DE19351B_tmp


    しかし、なかなか自分のことを客観視するのは難しいですよね?
    なので、今回はそのズレを生じさせない自己分析のポイントを2つ紹介します!


    1.第三者との関係性を分析する



    自分の過去の経験から、自分の行動傾向や物事の好みなどを分析していくと思うのですが、その際に他人との関わり方についてを深掘りしましょう。

    例えば、
  • クラスでどのような印象の友達と仲が良かったか?


  • 逆に苦手だった友人はどのようなキャラクターだったか?


  • なんてことから自分を客観的に見たときのキャラクター像や、人との関わり方が見えます。

    「自分は第三者からこう見える」という認識ができると、自分の伝わりにくい強みが分かります。面接ではその部分の説明ができると、意外性があり面接官の興味を引けることでしょう。
    ただし、その際にはそのアピールポイント裏付ける具体例を一緒に説明することを忘れない様にしましょう!


    2.友人・両親などからの自分の印象を聞く



    仲の良い友達や、両親などから自分がどういう風に見えていたか?を聞いてみましょう。

    自分が思ってもみなかった自分像が見えたり、「意外と友人にちゃんと見られてるんだな〜」なんて思ったりと、結構面白いです。

    また、面接でも
    「友人からは〜…と、言われがちですが、自分自身は〜の様な一面もあります。」
    などと、客観的な意見を述べられると説得力が増します。

    私自身も実践しましたが、両親からはかなり耳が痛いお言葉も聞けたので(笑)
    改めて自分を見つめ直すことができて、就活とは関係なく聞いて良かったなと思いましたね。


    最後に



    自己分析は、自分のためにやるものだけではなく、人事視点としては『学生が自分を客観視できるか?』という学生の現状把握能力を評価する材料になっています。

    自己紹介や自分の強み弱みを話す際に、このことを意識して話すことを簡単にまとめておくと面接で一歩リードできることでしょう!

    自己分析はできたけど、自分に合う企業が分からない。誰かに話を聞いてもらいたいけど、OBOGが少ない…なんて方はTRUNKのキャリア面談を活用してくださいね!→こちらから


    ○関連記事
    【合格者の体験談あり!】3分業界研究!不動産編
    就活はとりあえず内定もらえればいいみたいな風潮
    履歴書の証明写真の攻略法教えます!

    この記事を書いた人

    津吹 アイリ

    東京学芸大学3年のTrunk専属ライター。陸上部だけど足は遅い。膝が凄くゆるい。