2017.07.16SPIってなんだ?内容・対策・試験場所-TRUNK就活用語辞典-

56
こんにちは、TRUNKライターのヤマソウです!

就活でいうところの受験勉強といえば、SPIや各企業の用意する筆記試験ではないでしょうか。でも、SPIって実際にはどんな試験なの?科目的にはどんなもの?また試験の準備期間はどんなもの?と疑問に思うことも多いかと思います。そんなSPIにまつわる疑問について今回はまとめてみました。

➡︎「SPI」
11,100社が導入、受験者は181万人


6554192335_6ddcd6681b_b

正式名称「SPI総合検査」、SPIとはリクルート社が提供している適性検査のこと。 多くの企業が就職活動中の受験者の能力を測るために用いています。他にも就活生用のテストには、SHL社の『玉手箱(旧CAB,GAB)』ヒューマネージ社の『TG-WEB』Webテストなどがあります。センター試験とは違い、一企業が作る試験ですが、現在では 11,100社の企業がSPIテストを導入しており、2015年度の受験者は181万人にものぼります。 (参考URLhttp://www.spi.recruit.co.jp/spi3/)

テストの内容
「能力検査」と「性格適性検査」


テストは2種類。それぞれの内容は

1.能力検査
ability


能力テストは言語分野(国語)と非言語分野(算数・理科)に分かれています。科目的に言えば、国語と算数のようなもの。難易度を心配することはありません。 しかし、問題数が多いのが難点。早いうちから問題集に取り組むなどして、短時間で正確に回答できるよう訓練することが大切です。


2.性格適性検査
children-286239_960_720


情緒、性格パターン、行動力、積極性、態度などから多角的にその人物がその企業マッチしているか判断するテストです。 約200問の質問があり、それに対して「はい」か「いいえ」で答える形式です。行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライスケールの4つの観点からの問題が出題されます。 ライスケールとは、「本音でちゃんと答えているか」を測る指標のこと。

例えば、 「 物事を深く考えすぎる傾向がある」 「嘘をついたことは一度もない」  などの質問があります。ポイントは素直に答えた方がいい結果につながるということ。回答内容に矛盾があったり、あまりにも現実とかけ離れていたりすると「虚構性がある」という結果が出てしまいます。

対策期間/受験場所


14212266277_ac1a15e45a_b

対策に入る前にまずチェックしておきたいのが、試験日と受験場所。SPIの受験方法は大きく分けて、

専用会場に行って受検するテストセンター
自宅などのパソコンで受検する Webテスティング
企業の会議室などに赴いて受検するインハウスCBT
企業が用意した会場で受検するペーパーテスティング

の4パターンがあります。なので、その試験日は受験方法、地域や企業によって異なるので自分はいつ、どうやって受けるのか?というのはそれぞれでチェックが必要です。(参考URL http://www.spi.recruit.co.jp/service/execution/center_details.html)

次に対策期間。SPIにははっきりとした合格ラインがあるわけではありません。  3割程度の得点率で合格の企業から、8〜9割の得点を求められる企業まで 企業によって様々です。しかし、受験者の多い大企業は、 1次選考前の足切りとして合格ラインを高めに設定していることが多いので要注意早い段階からしっかりと企業研究をし、自分の受ける企業の足切りを確認、そこから逆算をして対策を練ることが大切です。

 

対策はなにをすればいいの?
攻略のポイント


write-593333_960_720
SPI試験の内容から分かる通り、対策が必要なのは能力検査。こちらは筆記試験なので高校受験や大学受験と同様に市販の参考書を用いて練習問題/過去問を解きまくるにつきます。こちらも先述しましたが、SPI試験における敵は問題の難易度よりもその問題量。その時間感覚になれるのが攻略のポイントと言えるでしょう。

 

まとめ


SPIについて解説しましたが大学受験以上に、就活には様々な攻略パターンがあります。筆記試験が苦手、時間的に厳しいという方にはそれぞれその人にあった就活があります。TRUNKもその一つ。経済的な負担をかけずに、インターン・スキルアップ・就活を始めたい方にはオススメです。また、TRUNKを利用せずともTRUNK ROOMをこうして読んでくれるだけでもぼくは幸いです。

この記事を書いた人

ヤマソウ

TRUNK ROOMライター。大学生。ぼうず。