2015.10.18大手コンサルティングファーム(デロイトトーマツ)出身者が教える論理思考力・図解思考力

論理思考力・図解思考力のポイントを理解し、実際に活用してみよう


17

コンサルティングセールス職は「顧客の課題解決」が仕事のため、図解思考力・論理思考力は極めて重要なスキルです。講師の西元は今まで物事をそこまで深く考えず、なんとなくで生きてきたので入社当初は図解思考・論理思考がほとんど出来ませんでした。本トレーニングでは、入社当初に図解思考・論理思考ができなくて困った話から、具体的に図解思考力・論理思考力を活用する場面と実践、図解思考力・論理思考力のスキル向上のやり方をお伝えしています。

1.トレーニング概要


図解思考力論理思考力を学生にみじかな例を出して具体的な作成手順やポイントをわかりやすくご紹介いたします。

  1. 論理思考力・図解思考力の必要性

  2. 論理思考力の手法とポイント

  3. 論理思考力実践

  4. 図解思考力の手法とポイント

  5. 図解思考力実践


2.トレーニングの狙い



  1. 論理思考・図解思考を理解する

  2. ワークショップを通して論理思考・図解思考を実践し、体得する


3.トレーニング詳細 ~論理思考と図解思考


(1)論理思考力・図解思考力の必要性
論理思考力とは事象から課題を見つける力としており、身に付ける目的は「本質的課題の発見をするため」。図解思考力とは事象を図で捉える力としており、身に付ける目的は「相手にわかりやすく伝えるため」としております。

 

(2)論理思考力の手法とポイント

  1. 一般的な論理の法則  → 演繹法と帰納法

  2. 論理思考は「Why so ?」「So What ?」で考える

  3. 本質的課題を発見する際の論理思考の手法はラテラルシンキングロジカルシンキングのミックス

  4. ラテラルシンキングは「知識」がキーワード

  5. ロジカルシンキングは「思考した量」がキーワード


 

(3)論理思考力実践
自分のケースに置き換えて、ロジックツリーをホワイトボードに記載する。
その後、受講生同士と講師からフィードバック。
実際に受講者がテーマとして挙げた例)

  • なぜうちのサークルには一体感がないのか

  • なぜ入社したかった企業に内定がもらえてなったのか

  • なぜインターン先で決めた目標を達成できなかったか

  • なぜアルバイト先の売上は下がっているのか


 

(4)図解思考力の手法とポイント

  1. 常に全体像の把握からスタートする  → いきなり各論を掘り下げていくのではなく、物事の全体像の理解から入る

  2. 要素分解をする

  3. 大中小分解をする

  4. フロー分解をする

  5. 参考となる図のご紹介


 

(5)図解思考力実践
あるゼミと企業の合同プロジェクトの全体像を図解してもらう

4.講師からのコメント


職種関係なく、新卒として入社した後に成果を出す人は「論理思考力」に長けていると思います。なぜなら、自分自身がうまくいかなかったことに対しての「事象」から「課題」を読み取り、施策を打って同じミスを2回しないからです。人間なのでよほどの天才以外は誰しもが入社後ミスをしますが、「論理思考力」に長けており、実行が伴うと成長スピードが上がると思います。私の体験談から言えることは「毎週うまくいかなかったことの理由と施策を考える時間を確保し、実行することが重要」だと思います。特に私の場合、才能があったわけでもないので、毎週欠かさず「反省と施策」を考える時間の確保と実行を繰り返していました。

図解思考の観点ですと、コミュニケーションで重要なのは「相手に伝える」ではなく「相手に伝わる」方法をとることです。そのための非常に良いやり方として「図解で伝える方法」があると思います。文章で羅列してあるよりも、図解してあった方がわかりやすいのは、皆さんも今までの経験から感じることがあるのではないでしょうか。どんなに良い施策を思いついたとしても、相手に本意が伝わらずに実行されなければ何の意味もありません。
そのためにも、図解思考は重要だと思います。

今後も本トレーニングを開催していくので、興味のある学生は是非ご参加下さい!!

 

▼こちらのトレーニングもオススメ!
【実践編】大手コンサルティングファーム(デロイトトーマツ)出身者と一緒に企画書・提案書を作成しよう

この記事を書いた人

西元 涼

Trunk株式会社 代表取締役社長 CEO 西元涼 新卒でDeloitteグループ入社し、ミドルマーケットの人事コンサルティング業務に従事。 入社2年目にして、新人MVPと全社MVPを同時獲得。 その後、メンバーのマネジメントに従事し2年連続でチームを目標達成に導く。 支援した企業数は500社以上。年間90回以上の研修、講演を実施。 2015年7月1日にTrunk株式会社を設立し、CEOに就任。