2015.07.05Trunk Kickoff Training 初回説明会

kickoff training top

実施トレーニング概要


日時:2015年7月4日(土)15:00-16:30

場所:東京都東京都千代田区麹町4-8 高善ビル 5階

トレーナー:Trunk株式会社 Producer 牧野拓也

20150704184329 (1)

 

何を学んだのか?


①Trunkとは?
・Trunkとはどういうサービスなのか?

 

②16卒就職活動データからひも解く就職活動のトレンドとは?
・16卒よりインターン採用が活発化していること
・選考開始前にもかかわらず、内定率が30%を超えている。さらには「ほぼ内定率」(=内定は出ていないが、実質的に内定状態になっていること。つまり企業が学生を囲っている状態。)が前年同時期よりも高い恐れもあること。

 

③今、ビジネスシーンで求められている4つの職種とは?
・ビジネスのコアとなる機能は「つくること(製造、開発など)」と「売ること(販売、営業など)」の2つしかないこと。
・コアとなる機能に絡む仕事以外は代替可能であり、機械化が容易であること。
・つまり今ビジネスとして本質的に求められる職種は「エンジニア」「デザイナー」「マーケティング」「セールス」の4種類であること。
・さらにコモディティ化が進む市場において他者製品/サービスとの差別化としてのデザインが求められていること。
・デザインとは「クライアントのニーズを具現化するもの、こと」、アートとは「自分が表現したいことを表現すること」。つまりデザイナーとアーティストは似て非なるものであること。

 

④「社会人と学生のちがい」は本当は無い?
・よく「学生は自己責任で済むが、企業に属す場合社会的な責任を負う」などと言われる。だが実際社会人であっても責任感が弱い人間もいるし、学生であってもコミット意識が強い人もいる。つまりは企業でのインターンやトレーニングの場合であっても社会人を相手に臆する必要はない。

 

⑤Trunkを活用したビジネストレーニングについて
・現在開講予定の各種トレーニングの詳細説明

 

トレーナー所感


Trunkローンチ後初のトレーニング。

参加してくださった4名は「何事にもチャレンジしたい」という気持ちが強く、講師としてもテキストに無い内容を多くお話してしまいました。

Trunkの各種トレーニングにもその場で予約登録をするなど、行動も早く、どの仕事をさせても自発的な行動が期待されます。

ぜひ今後の成長に期待しています!またお会いしましょう!

Trunk株式会社 Producer 牧野拓也

 

 

この記事を書いた人

牧野 拓也

Trunk株式会社 Producer 1989年生まれ。愛知県名古屋市出身。 監査法人系コンサルティングファーム、Web制作会社を経て現在は株式会社ベーシックにてWebメディア「ferret」のセールスマネージャー。 最近の困りごとは「寝て起きると首に傷がついている」こと。