2017.04.21【感想】国内外のスタートアップからビジネスモデル構築のポイントを学ぼう

TRUNK もくもく会
こんにちは!ライターのモリチョです。4月16日にありましたTRUNKのトレーニング「国内外のスタートアップからビジネスモデル構築のポイントを学ぼう」に参加したレポートをご紹介したいと思います!

__________2017-03-02_14.11.28-1201x601

みなさんは最近「この企業スゴイな」と思う企業はありますか?

そういった企業はサービスだけ見ても面白いものですが、「でもどうやって利益を出しているんだろう?」と思うことはありませんか?良いサービスを継続的に提供するためにも「ビジネスモデル」は大切ですよね。

本トレーニングではその「ビジネスモデル」について学べます。

トレーニングの概要


ビジネスモデルとは


このトレーニングでは身近にも見られるビジネスモデル5つ、
ドミナント、フリーミアム、プラットフォーム、広告モデル、SPAモデルを見ていきます。

それぞれのモデル自体はネットで見ればすぐ分かるものですが、実際に運用するためには資金がどのくらいのスパンで必要なのかや顧客規模をある程度確保している必要があるなど
それぞれのモデルにあった条件があることをトレーニングで知りました。

例えば、「フリーミアム」は、

ゲームアプリでよく見られます。課金をしなくても遊べて、ゲーム内の特別な道具が欲しいときに課金をするモデルですね。

このモデルは多くのアプリに使われています。
しかし、多くの人に利用してもらえるようになるまで資金が持たないと利益を得る前に挫折してしまいます。

さらに、途中で飽きられてしまうとあっという間に顧客が離れていってしまうのです。

安定性には欠けるビジネスモデルといえます。

このように、ただビジネスモデルをなぞってもうまくいく訳ではなく、自身の持つアイデアと資金がビジネスモデルと合致していることが必要なのだと学びました。

また、ビジネスを考える時には「今注目されているのはどんなビジネスだろう?」というところが気になるものですが、
ビジネスも歴史を経て現在に至っていること、歴史を踏まえて現在のニーズの背景を考えることができることに気づけます。

流行りのキーワードについて


ビジネスモデルの他に、今流行りの
シェアリングエコノミー、クラウドソーシング、人工知能(AI)、IoT、インダストリー4.0についても見ていきます。

用語自体はよく聞きますし、だいたいわかりますが実際のビジネスではどのように使われているのか実は知らなかったりするものです。

例えば、クラウドソーシングにより企業と個人とがつながるようになり、企業が個人に対しても発注するようになったことで、個人が会社に就職する必要がなくなってきている見方があります。

新しい技術によってビジネスの新しいカタチが構築されてきていることを知り、目からウロコが落ちるような知見を得ることができます。

一方で、ただ新しい技術を導入していると言っても実際は効果的に使いこなせていなかったりする企業もあると知り,
新しい技術をいかにビジネスモデルに組み込むかが重要なのだと感じられます。

4月16日の模様


本トレーニングのトレーナーはTRUNKCEOの西元です。
実例を挙げながらビジネスモデルを見ていくので、「こんなプロジェクトがあるのか!」「この企業は知らなかった!おもしろいな」と知的好奇心が刺激されます!

参加者同士で自身が気になっている企業を挙げると全く聞いたこともない企業の名前が出てくるので「ほんとにいろんな企業があるものだな」と思いました。

「最近よく目にするあの企業は一体どうやって利益を出しているんだろう?」と調べて考えてみる面白さに気付かされるトレーニングでした。

トレーナーや他の参加者とのキョリが近い分、トレーニングが進むにつれ互いに自身の関心がどんどん高められていっているようでした。自分の今まで持っていた知識が深掘りされる機会を得られたと思います!

まとめ


私は「ビジネスっていまいちピンとこないな、、」と思っていました。
普段は“News Picks”で上がってくる企業の話に感心しているばかりで、一つの企業がどういう変遷をたどってきて成功しているのかイメージしづらかったんです。

しかしこのトレーニングを受けて、一時だけインターネットで調べただけの知識ではどうしても浅いことを痛感しました。日頃から目にする企業のビジネスモデルを追って調べてみようと思うに至りました。

学校での講義では統計を用いた過去の分析が中心で未来のことにまで言及しないものです。

「この先のビジネスがどうなるのかなんて見当もつかない」ものですが、企業やビジネスについて調べて得た知識を蓄積していって、だんだんバラバラの知識が結びついていくことで流行の背景が見えてきたり、この先何が起こりそうか想像してみたりできるようになるそうです。

そこまで行くのは道のりが長そうですが本トレーニングでそのスタートをきれるのを感じました。
トレーナーの西元はここ2,3年でできるようになったとのこと。どのように情報を仕入れているのかなど多くのことを気軽に聞くことができます!

起業したいと考えている人は自身のビジネスモデルを構築していく上での基盤づくりになります!
「ぶっちゃけ今後のビジネスってどうなるの?」という疑問を持つ人も参加してみてください。新しいビジョンが得られるかもしれませんよ!

他オススメのトレーニング


→国内外IT企業の事例からビジネスモデル構築のポイントを学ぼう!
本トレーニングに興味を持って頂けたらこちらのトレーニングにもぜひ参加してみてください!

→【初心者OK!全3回】マーケティング・セールスの基礎を覚えてインターンに受かるスキルをつけよう!
ビジネスマンとして必要なスキルを身につけたいけど何から始めれば良いのか分からない、、という方にはぜひ!

→次世代エンジニア向け | VR/AR/MRの知識を深める事業企画体験
エンジニアに限らず、仮想現実興味のある人にオススメです!アニメで見たような近未来の世界観に触れて事業企画をしてみませんか?

この記事を書いた人

モリチョ

横浜国立大学2年生 TRUNKでライターしてます。合気道黒帯、日々精進中。