2018.05.07【TRUNKハッカソン】”CLEVA”は「バス内でイノベーションを作る!」

チーム
"CLEVA"


29386879_1007415402739858_8290474864939106304_n

プロフィール


立命館コンピューターサークルのメンバーで学年も一緒です。

このイベントを知って、もうすぐサークルも終わりなので最後に組んで出てみようと思いました。

組んだのは、実は最初で最後の、初めて組んだチームです。

なんか有名なバンドみたいですね。(一同笑)

プロダクト
"CLEVA"


プレゼンの動画



プレゼンのスライド


IMG_4621

IMG_4622

CLEVA

IMG_4624

IMG_4625

IMG_4626

IMG_4627

IMG_4628

IMG_4629

IMG_4630

IMG_4631

IMG_4632

IMG_4633

IMG_4634

IMG_4635

IMG_4636

プロダクトの特徴


なぜこのプロダクトを
作ろうと思ったのか


スタートアップでインターンをしていて、社長と話しているうちに、ベンチャーを盛り上げたいなと思うようになりました。

そこで感じたのは、情報量が少ないな...ということです。

情報が集まるところにビジネスも集まるので、情報が集まるようなサービスを作ってベンチャーに流し、盛り上げようと考えました。

こだわりポイント


IMG_4634

メタプログラミングの基盤実装をしたんですけど、後々響いてきまして、コストが、、、(笑)

UXのデザインとかをこだわりました。ペルソナを何人も立てて、ユースケース研究を、三十時間ぐらいひたすら考えてました。

そのため使いやすいものが出来たかなと思います。

あと、ブロックチェーンですね。今までは実装したこと無かったんですが、どうビジネスにどう応用できるか考えました。

すでにブロックチェーンは出来ているんですが、その連携が出来るかどうかが佳境です。(笑)

TRUNKハッカソンは...


29387000_1007414332739965_6357682892465766400_n

めちゃくちゃ楽しかったです!(笑)

お互いがどんな技術が得意でどんな事ができるかを知っていたけど、でも組んで初めて、仲間のすごさが実感しました。

これやっといて、あれやっといて、と頼んだタスクが

「もう出来てます。」

「なんだこいつ、めっちゃ優秀だな、サイコーだな!」

みたいに阿吽の呼吸で役割分担ができて、すごい楽しかったです。

【TRUNKハッカソン】関連記事


"Whyやねん"お笑いを通じた異文化コミュニケーション

"おいでやおばちゃん"が関西のあたたかさをギークに変える

関西のギークは、路上パフォーマンスから!

この記事を書いた人

TRUNK編集部

TRUNK編集部ではTRUNKからのお知らせや、トレーニングの様子、就職活動に役立つ情報をお伝えします。