2018.05.08【TRUNKハッカソン】仮想通貨 “IcoDol”が新しいアイドルとファンの関係をつくる

チーム
"タミリ"


DSC_0304

プロフィール


同じ一橋の商学部四人。

ハッカソンのため、後輩を引き連れて参加。

プロダクト
"ICOドル"


プレゼン動画



プロダクトの特徴


アイドルを応援するための仮想通貨トークンサービス。

指紋認証で電源をON。

指紋認証にした理由は、「ブロックチェーンアカウントを誰が持ってるか」を判別するためです。

アカウント自体は完全に偽造できるので、その問題を解消したら面白いなという思いから着想。

なぜこのプロダクトを
作ろうと思ったのか


そもそも、

「こんなのあったら面白いな」

と前々から思っていましたが、真剣に作る機会がありませんでした。

チームのうち、2人がハードを担当、バックエンドもいるという感じだったので

「これいけるでしょ」

と思い、温めていたアイディアをハッカソンを通してカタチにしました。

このサービスのために、ブロックチェーンの本も読んできました。

こだわりポイント


Ruby、JS、Python、と3つくらいの言語をさわっています。

また、チームメンバーの1人が、HTML・CSSで、ひたすらフロントをいじってくれました。

特にこだわったのは、「テーピングの技術」「コードを隠す技術」「見せられないものを綺麗にする」と言ったところです。

TRUNKハッカソンは...




日付を間違えて、ハッカソン開始とともに就寝。夜、徹夜。そして、また朝爆睡してました。

まるで、ホストみたい(笑)

ハッカソンには、もっとできること・戦力を増やしてからまた参加したいです。

【TRUNKハッカソン】関連記事


"まけまっせ"はレイド型AR値切りチラシ

"みんなのツッコミMAP"が関西をもっと面白くする!

"CLEVA"は「バス内でイノベーションを作る!」

この記事を書いた人

TRUNK編集部

TRUNK編集部ではTRUNKからのお知らせや、トレーニングの様子、就職活動に役立つ情報をお伝えします。