2019.04.14現役大学生が語る!一人暮らしのメリットと陥りやすい”罠” 

みなさんこんにちは!
TRUNK ROOM編集部のマルちゃんです!

春といえば新生活の時期ですね。
慣れない一人暮らしに戸惑っている大学生も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現在一人暮らし3年目の私が一人暮らしの実態について語ります!
結論から言っておきますが、学生のうちに一人暮らしをすることは「自立」という面においてとてもおすすめです。もし親御さん許してもらえるのであれば、一人暮らしをしてみてはいかがでしょうか?

ROOM 一人暮らし2

一人暮らしのここがおすすめ!


その1 責任感が圧倒的に身につく


家賃支払い・光熱費支払い・自身の健康管理・様々な契約などこれまでは親御さんがやってくれていた仕事を自分でしなければなりません。特に「お金」に関することはしっかりとやらなければ社会からの信頼も失ってしまうため、嫌でも責任能力が身につきます。

その2 お金の使い方がうまくなる


自分のアルバイト代はいくらで、親からもらえる仕送りはいくらで、〇円を振り込み、〇円は貯金、〇円は自由に使えるお金といった風に、発生するお金に対してその割り振りを自分で決めなければならないため、お金の管理能力が身につきます。
実家暮らしの場合は、自分で稼いだお金を好きなように使っても最低限生活はできるため、あまりに身につかない能力でしょう。

その3 家事全般ができるようになる


家に一人しかいないんですから、もちろん洗濯、料理、掃除など自分でしなければ生活できません。こういう時に親のありがたみを感じるものですね。

以上の3点が私が2年間一人暮らしをしてきて身についたと感じる能力です。
これを社会人になって仕事をしながら覚えるか、または学生のうちにある程度ノウハウを身につけたうえで社会人になるかでは大きな差が生まれてきそうです。

とはいうものの、大学生の一人暮らしにはひとつだけ陥りやすい”罠”があるので注意しましょう。それは・・・

ROOM 一人暮らし3

自由すぎるあまり、生活が堕落してしまう可能性がある


私の周りには、水道代払い忘れていたらお湯が出なくなった・・・、最近ごはんまったく食べてない・・・という人が少なからずいます。一人暮らしという自由はうまく使えば自分を圧倒的に成長させてくれるものです。しかし、その自由を無駄にしてしまっては、ただただ親御さんに多大なお金をつぎ込んでもらっているだけになってしまいます。定期的に自分を見つめなおし、自分で自分を律することを忘れないようにしましょう。

私の場合は、一人暮らし1年目が終わった時点で親戚に見違えるくらいしっかりした人間になったねと言われるくらい変わった(らしい)です。
勉強以外にも、こういった面で成長できるのも大学生活ならではの醍醐味なのかもしれません。もし何か一人暮らしで困ったことがあったら気軽にTRUNKに来てくださいね!

いつでも相談に乗ります!

この記事を書いた人

マルちゃん

名古屋出身で現在横浜で一人暮らしをしている大学三年生のマルちゃんです!大学一年生からTRUNKで様々な経験してます! 高校までは野球一筋でした。 今はライターや動画編集などクリエイティブ寄りの活動中…