2018.03.20本当に寝てる暇なかった、TRUNKハッカソン in 大阪を写真でスローバック!

こんにちは、TRUNK ROOM編集部のヤマソウです。

2018年3月8〜9日に行われた学生ハッカー最大級のハッカソン、

TRUNK HACKATHON in Osaka 「何言うてんの?寝てる暇あらへんで!」

を写真で振り返ってみました。

DSC_0001

3月8日の朝。
会場を用意してくれたのは協賛企業のさくらインターネットさん。

DSC_0003

ぞくぞくと参加者が集まり

DSC_0035

さらに集まり、総勢100人の学生ハッカーが揃った。

DSC_0041

いよいよ開幕。

DSC_0048

DSC_0067

チーム編成の説明を経て

DSC_0063

DSC_0077

テーマを発表。

「関西が世界一ギークな街になるためのサービスを作ろう!」

DSC_0081

DSC_0108

DSC_0080

補足の説明があって

DSC_0156

ついにキックオフ!

まずはアイディアソンで案を振り絞る。
このアイディアが次の日には100万円になってるかもしれない。

DSC_0160

DSC_0161

DSC_0169

DSC_0179

お昼過ぎ、ここからがチーム戦。

DSC_0186

DSC_0192

DSC_0203

少しずつ、方向性が固まってきた。

DSC_0211

DSC_0243

DSC_0014

気づけば、夕方。お腹もすいてきた。

DSC_0263

大阪言うたら、たこ焼きやろ。

運営はたこ焼きに舌鼓をうつ。

DSC_0270

DSC_0022

DSC_0032

もう日が落ちた。

DSC_0044

それでもアイディアを練り、競争・共創しあう。

DSC_0049

DSC_0052

DSC_0062

DSC_0061

DSC_0113

夜も深くなり、疲れが見えてきた。

DSC_0103

と言うか眠くなってきた。

DSC_0055

運営役員のテンションもちょっとおかしくなってきた。

DSC_0089

でもこれはハッカソン。

ハッカーたちのコード上のマラソンは続く。

DSC_0118

DSC_0006

支給して頂いたレッドブルがありがたい。

夜通しレースはまだまだ終わらない。

DSC_0125

DSC_0131

チームで作業をする人、個人で集中する人。

休みを取りながら進む人、ぶっ放しで走り続ける人、だけど目指すゴールはみんな同じ。

DSC_0126

DSC_0127

DSC_0138

長い夜がついに明けた。

ラストスパートをかける。

DSC_0167

DSC_0190

DSC_0196

そして

DSC_0195

ついに

DSC_0207

やりきった!

DSC_0209

DSC_0233

DSC_0200

達成感と自信が顔にでる。

DSC_0026

そして、発表へ。

DSC_0042

DSC_0067

DSC_0091

あとは結果を待つのみ。

DSC_0295

審査タイムの間、束の間の交流会。

DSC_0298

そして、いよいよ結果発表。優秀賞の他にも、スポンサー企業による賞が贈られる。

DSC_0310

DSC_0316

 

DSC_0318

いよいよ、優勝の発表。

DSC_0324

獲った、100万円!!

DSC_0350

最後に総評があって

DSC_0355

全員で写真を撮って、TRUNKハッカソン in 大阪は幕を閉じた。

みなさん、お疲れ様でした!!

チームそれぞれのプレゼンやプロダクトの詳細は、以下のインタビュー記事からチェックしてみてくださいね。

 

【TRUNKハッカソン】関連記事


関西のギークは、路上パフォーマンスから!

"まけまっせ"はレイド型AR値切りチラシ

仮想通貨 "IcoDol"が新しいアイドルとファンの関係をつくる

この記事を書いた人

ヤマソウ

情報感度の低い編集長。ぼうず。夢は、いつかサンパウロに行ってラテン美女とサンバを踊ること。