2018.01.20ZENPENとTRUNKが業務提携 – 高専生の新しい就活をつくる –

72

こんにちは、TRUNK ROOM編集部のヤマソウです。

ご報告。

この度、TRUNKはZENPENの高専生及び編入生のキャリア教育を促進させる想いに共感し、業務提携を締結いたしました。

-はい。

ということで、ZENPENとはどんな団体なのか?提携って具体的に何をするのか?を堅苦しくない感じで紹介していきます。

ZENPENって
こんな団体


まあ百聞は一見に如かず、ZENPENのホームページはこちら

ZENPEN

高専生の
「進路情報が少ない」
という課題を解決


僕はふつうに高校をでて、ふつうに大学に進学する、というありがたくも平凡な道を歩んできました。

なので、高専生がどんな風に卒業後の進路を決めていくのか?というのは全く検討もつきません

僕だけでなく、きっとおそらく多くの方がそうでしょう。なので、

高専生の進路に関する情報ってあまりないんじゃないか」

というのは想像がつきますよね。

そんな高専生の進路選択をサポートしているのがZENPEN

課題解決の方法


どうやって高専生の進路の悩みを解決しているのか?

方法は大きく分けて2つ。

1 高専生のための編入支援イベントを開催

zenpen 3

高専生のための合同編入説明会を全国各地で開催

zenpen 4

全国から180名もの高専生が集まるほどのイベントです。

2 オンラインで進路に関する情報を発信

ZENPEN media

経験談 / イベント報告 / 高専出身者のインタビュー などのブログ記事を投稿しています。

ZENPEN 2

高専生でなくても、気になる記事がたくさんありますね。またSNSからも情報を更新しています。

 

そんなZENPENのミッションと理念をHPより引用。
【MISSION】

高専における従来の常識を超え
高専生が一歩踏み出せる環境を提供する

高専生が、自分の目的に向かって最善を尽くせるように
就職、編入学に関するあらゆる情報を持続的に提供します

 
【VISION】

より良い進路選択ができるよう
高専生のプラットフォームを形成する

「高専のプラットフォーム」を構築すること、そして高専関連の生きた情報を提供することにより、高専生すべての人の進路の課題を解決します

目標に向かって頑張りたい人に向けてのプラットフォームを提供したい、というのはTRUNKと同じです。

そんな訳で業務提携って具体的に何をするのか?

ZENPENと協力すると..


提携の目的は、全国の高専生にTRUNKのプログラムを体験してもらい、キャリアの幅を広げてもらうこと。

それに向けて3月からZENPENと合同で高専生向けのイベントをスタート。

全国の高専生はTRUNKのプログラムに無料で参加してスキルを取得企業から内定オファーをもらえるようになります。

ちなみに大学生と高専生のプログラムは別ですが、TRUNKのタイムラインやイベントを通して、今まであまりなかったお互いの接点を持てるようになるのではないでしょうか。

まとめ


ZENPENを運営しているのは、高専を卒業した現役の大学生。

顧客である高専生からすると自分の人生がかかってるわけですから、進路に関する情報というのは喉から手が出るほど欲しいはず。

けれど、企業はサービスを提供するときお金のことを考えなきゃいけないから、なかなか慈善では課題を解決しようとはならない。

同じ経験をした大学生だからこそ解決できる課題なんだろうな、とこの記事を書いてるうちに気づきました。

高専生の方、進路のことで悩んだらZENPENを訪ねてみてはいかがでしょうか?

以上、TRUNK ROOM編集部からの報告でした。

この記事を書いた人

TRUNK編集部

TRUNK編集部ではTRUNKからのお知らせや、トレーニングの様子、就職活動に役立つ情報をお伝えします。