2018.04.26就活うまくいかない…そもそも世界の若者の1/8は働いてないという事実

bottle-celebration-crowd-948199

こんにちは、TRUNK ROOMライターのヤマソウです。

最近、絶賛就活中の僕の友人・知人から

「就活なかなかうまくいかなくて...」

と、結構病み気味な相談を受けます。それはTwitterのタイムラインでも同じ。

試しに"就活"というワードを検索すると...

unnamed (1)

早期に内定を決める友達への焦り、自分ってそんなに必要のない人間なの?

...就活はあらゆる角度からメンタルを削りにきます。

でも、僕はこれに対して心に引っかかるものがあるんです。

「働いてないけど、パリピな知り合いいっぱいいるんだけど」

働こうと頑張る若者は、自分たちが尊いということを知らないのでは?

なので、「世界の働かない若者人口」「働いていないけど、幸せそうな人たち」をご紹介します。

これをみると、「私、働こうとしてるだけ偉いやん!」てなります。

そもそも、
世界の若者の1/8は無職


colorful-1974699_960_720

国際労働機関(ILO)ていう偉い機関が、2017年の世界の若者の雇用情勢を発表しました。

それによると、13.1%が無職とのこと。つまり、若者の約8人に1人は働いていないというわけです。

ここで言う若者とは、15〜24歳のこと。

もちろん、貧困や格差、どこまで正確な統計かと言う問題もありますが、世界には働いていない若者がこんなにもいると言うことです。

(データは日本経済新聞「世界の若者失業率、17年は13.1% 2年連続で悪化」より引用)

ストーリーを盛り上げる
パリピ無職たち


instagram-1675670_960_720

色々あって、インスタでスペイン人をたくさんフォローしてるのですが、こやつら一日中遊んでるな、てのがストーリーからわかります。

みんな20歳-25歳なのですが、誰一人として働いていないです。

スペインの若者の失業率は、44.5%。驚異!

そのうち、学校に行ってないニートの割合は15.6%。十分高い数字なのですが、イタリアとギリシャはこれをさらに上回るそうです。

でも、働いてなくても、病まないのがラテン系のいいところ。親のすねをかじり倒して、クラブとかビーチで遊び倒す無職パリピいっぱい。

(内閣府「スペイン若年層の雇用について」調べ)

道を歩けば、
ニートにあたる


people-3342460_960_720

発展途上国のフィリピンも若者の失業者が多い国です。

格差がその原因の一つであり、どうしようもない側面もありますが、実際にその暮らしを見てみると

「あれ?こやつら、働く気がそもそもないんじゃね?」

て思う時いっぱいあります。

スラム街を歩くと、昼間から酒を飲んでチルしてる人を見るし、ショッピングモールは平日でも若者で溢れかえっています。

貧しいけど、働く気もない。そして、貧しいなりに楽しくやる

就活うまくいかない
そんな時は...


woman-3275328_960_720

「就活がうまくいかない...ほんとクズ...病む」

いやいや、求職中なのに親のスネかじってパリピしてる人いっぱいいますよ。

スペイン人の友人に

「日本には、『Hikikomori 引きこもり』て言う文化があるの?ダメダメじゃん。」

て言われたことがあります。親の金でカジノやらクラブ行ってるお前に言われたくないわって思ったのですが...

目から鱗、引きこもりは日本の文化なんですね。

その時、要は気持ちの持ちようなのかなって気づきました。働かなくても、楽しんでいいんだって思うとすごくラクです。

なので、就活うまくいかない...て時。病むくらいだったら、吹っ切れてパリピやってもいいんじゃないでしょうか?

 

宣伝!

TRUNKビジネス職 / プログラミング / Webデザイン の講義を提供している教育企業です。

学生は無料なので、ぜひ覗いてみてくださいね。

TRUNK株式会社|インターンとトレーニングで自分にあった仕事が見つかる

この記事を書いた人

ヤマソウ

たまごアイスって今どこに売ってるん