2018.08.07【就活】パープル企業はブラック企業より気をつけたほうがいい

スクリーンショット 2018-08-01 23.54.23

第一志望の会社に入ったら実はブラック企業だった。

 

ホワイト企業と噂の企業に入ったのに全然ブラックじゃん。。。

 

社会人としてスタートを切る大事なファーストキャリアがブラック企業だったら辛いですよね。
でも、ブラック企業も嫌だと思いますが実はもっと危ないパープル企業というものが存在します。

今回はブラック企業にも触れながらもっと危ないパープル企業についてお伝えしていきます。

ブラック企業とは


ブラック企業という名前は聞いたことがある方も多いかもしれませんね。よく言われる特徴はこんな感じです。

・長時間労働
・休日が異常に少ない
・残業代が支払われない
・セクハラ/パワハラ/モラハラが横行している
・離職率が高い など

こんな会社には絶対に入社したくない!という学生も多いのではないでしょうか?

ブラック企業に就職しないために


ブラック企業に就職しないため一番重要なことは

 

 

「働く上で絶対に譲れないもの」

 

 

をしっかりと固めておくことです。

え?企業を調べるとか転職サイトの口コミを見るとかじゃないの?と思った方、もちろんそれもありますが本質的には「働く上で絶対に譲れないもの」を固めることが大事です。

世の中には長時間労働や少ない休日、サービス残業でもイキイキと働いている人がたくさんいます。

さて、ブラック企業うんぬん言って後ろ向きに働いている人とイキイキ働いている人の違いは何でしょうか?

「あんなことを実現したい」「こんなスキルを身につけたい」そういったことがある人は長時間労働でもサービス残業でもブラックとは思わずにイキイキと働いている人が多いです。

逆にそういったものがない方は「働く=苦役」なので、なるべく残業がなく精神的にも体力的にも辛くない仕事を選ぶべきでしょう。
ただし、その場合給料については目を瞑るべきです。そこに文句をいうのはワガママなお子様と一緒です。

ブラック企業かどうかは絶対的な基準ではなく「何を得たいか」と「得るために何を我慢するか」のバランスをそれぞれがどう見るかで変わってくるのです。

もちろん、払うべき給料を払わないとか法律や道徳に違反する会社は絶対的な基準でブラック企業と言えますが。。。
(そんな会社を見極める方法がよくあるブラック企業の見分け方です)

ブラック企業より危険なパープル企業


さて、ブラック企業について触れてきましたがここからが本題。本当にヤバいのは「パープル企業」です。

パープル企業とは、働いてもスキルもキャリアアップも見込めない会社をいいます。(別名ゆるブラック)

働き方は楽だけどそのままいると外に出たときに市場価値の低い人材になってしまう会社、忙しく働いているのにスキルが身につかない会社、そんな会社がパープル企業です。

単純な仕事はAIに代替され人の付加価値が問われ始めているこの時代、めちゃくちゃハードだけど強固なメンタルや高いスキルが身につく可能性が高い(よくいわれる定義の)ブラック企業よりもパープル企業が一番危険なのです。

ファーストキャリアはスキルが身につく会社に!


人の付加価値が問われる時代におすすめのファーストキャリアはパープル企業の反対のスキルが身につく会社です。

自分の付加価値を高めていきたい学生は、ミクシィレバレジーズマクロミルGREEなどなど、ファーストキャリアとしておすすめのスキルが身につく会社からスカウトがもらえるTRUNKで就活をしてみてはいかがでしょうか?

スカウトがもらえる企業一覧

スクリーンショット 2018-08-01 23.54.23

この記事を書いた人

TRUNK 執行役員

TRUNK株式会社 執行役員 Deloitteグループ、リンクアンドモチベーションを経てTRUNKに参画。 トレーニングや教育制度設計などの人材開発や、採用や組織づくりなどの組織開発のコンサルティングに従事。 セールスでは新規事業分野においてDeloittグループ、リンクアンドモチベーション両社でトップセールスを獲得。