2019.05.15新卒外資IT・営業職の志望動機を肉づける本とタダ読みする方法

こんにちは、
TRUNK ROOMライターのヤマソウです。

reading-with-an-iced-coffee-in-summer

2020新卒就活でぼくは 外資系 / 法人営業職採用 という軸で受ける企業を絞っていました。そのため同軸の企業から内定を貰うためのエッセンスはぼちぼち積むことができました。

今回は選考の中で「この本を読んどいてよかった」と思ったおすすめの3冊をご紹介します。

マッキンゼー流入社1年目 問題解決の教科書
ハイパワー・マーケティング
巨象も踊る

論理的思考を知る


[大嶋 祥誉]のマッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書

マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
著 : 大嶋 祥誉 amazonより引用

本のボリューム・・・232ページ。文章も柔らかく読み易い
就活で役にたつ場面・・・すべて。考える力自体が底上げされる。

外資系企業の選考を勝ち抜くにあたって、論理的思考を知ることは必須です。

コンサルティング会社出なくても、二次面接を担当するマネージャークラスが最低限の能力として求めてくるからです。

こちらの本は「ホンモノの論理的思考を身につけたい。けど、高校の国語の教科書以上に固い文章の本は勘弁っす。」という人におすすめです。

マッキンゼー出身者が高校生でも読める文章で論理的思考についてまとめてくれています。

しかしこの本を読んだからといって「おれ、もうロジカルに考えれるわ」と思い込むのは危険です。実際、本当に論理的思考のフレームワークが頭に入っている学生は一握りだと感じました。ぼくもザコです。

一朝一夕で身につくスキルではないはずなので、「論理的思考を知る」というスタンスで読んでみるといいと思います。

法人営業職の実務をイメージする




ハイパワー・マーケティング 
著 : ジェイエイブラハム amazonより引用

本のボリューム・・・334ページ。事例が面白いからサクサク読める。
就活で役にたつ場面・・・面接。

法人営業職の実務を少しだけ具体的にイメージできました

実際に仕事を経験しないうちはどこまで言ってもイメージでしかないのですが、それでも就きたい仕事についてより具体的に知ろうとすることは大切だと思います。

マーケティングと題されていますが、法人営業職に関することも書かれています。内容はモノを売るための具体的なノウハウです。

「セールス職はどんな仕事?」という質問に対して「モノを売る」「課題を解決する」とはみんなが言います。

でも、「具体的には?」と聞かれてビジネスマンの視点で答えられる学生はあまり多くないと感じました。

そのため法人営業職の志望動機を、学生目線から少し離れて肉づけしたい人におすすめです。

IT業界の業界研究




巨象も踊る
著 : ルイス・ガースナー amazonより引用

本のボリューム・・・456ページ。文章が敷き詰められており重め。
就活で役にたつ場面・・・面接。

IT業界の理解を深めるのに役立ちました。

SAPの社員さんにOB訪問した際、「IBMの歴史はIT業界の歴史」と言われたのが印象的でした。

表紙はルイス・ガースナーというIBM元CEOの方。この本は彼がIBMを建て直したときの自伝です。

IBMが低迷していた原因、またIT業界の雄として返り咲くためにしたことが載っています。

「IT業界は変化が格別に速い」という意見は就活生なら聞きますが、この本を読むとそのスピード感と生存競争のきびしさが伝わってきます。

本は蔦屋書店とUnlimitedでタダ読み


どんなにいい本でも飲み代には代え難いものです。そこで最後にお金をかけずに良い本を読む方法をお伝えします。

本をタダ読みするためにぼくが利用しているのは、蔦屋書店Amazon Unlimitedです。

まず蔦屋書店について。ぼくは蔦屋書店の読み逃げ常習犯です。話題の新書やベストセラーを座って読める環境、読めるだけ読んで買わずに帰るのでお金はかかりません。

次にAmazon Unlimitedです。こちらは蔦屋書店にはおいていないニッチな本を探しているとき、外に出るのがめんどうくさい日に活用します。キャンペーン期間のうちは無料で利用できるので、こちらもお金はかかりません。

蔦屋書店とAmazon Unlimitedで多くの本をカバーできるので、ぜひ理利用してみてください

以上、新卒外資IT・営業職の志望動機を肉づける本とタダ読みする方法でした。

この記事を書いた人

ヤマソウ

たまごアイスって今どこに売ってるん